HOME > 匠のこだわり

匠のこだわり

本当に美味しいものを食べた時に感じる幸せ。その「幸せ感」をお客様に味わって頂く、感じて頂く。それが匠の喜びです。だから何よりも「味」にこだわっています。

その「味」を作り出すために、大切にしていることがあります
心
「心を込めて料理を作ること」
ただ、それだけではなく、お料理の味にいちばん大切な「素材」に対しての謙虚な心。
そして食べていただくお客様に、より美味しくお召し上がり頂けるように考える。

食べる方を想う心
それを大切にすることが『味』につながると考えています。


素材とだし
「素材を活かし、だしで決める」

季節を体で感じ、その上で旬の素材をどう料理するか、
同じ材料でもその時々によって状態は変わります。

出来るだけ素材の持ち味を活かしながら、
それをどう料理すればお客様に感動して頂けるか・・・を常に考えています。

また、だしは、味の決め手となるもので、そのお店そのもの。
本当の意味で『味』を左右します。



器
「器も『味』を作り出すための大切なもの」

日本料理の中でも特に懐石料理は、舌だけではなく、目でも味わう料理です。

器は、美味しさを引き立ててくれるものであり、
匠では、お料理の一部として、素材選び同様器にもこだわり、
楽しんで頂けるような器を選んで使っています。

器も『味』を作り出すための大切なもののひとつです。


このページのトップへ