HOME > ブログ > 9ページ目

ブログ 9ページ目

準備は始まっています・・・。

お盆ですね。いかがお過ごしでしょうか?

先日、大晦日に販売いたします “ おせち料理 ” の撮影を行いました。
ある百貨店のカタログに掲載するためですが、まだ8月中旬なのに、もう?という感じですよね。
撮影は、最終の日程で調整していただきましたが、実際は7月に入ったころから各所で準備が始まっています。
日本料理 匠もここ数年、毎年おせち料理を作っていますので、大晦日に完成、販売後、新しい年を迎えて試食、
それが終わると、すべての結果をふまえて、今年の(次の)おせちはどんなふうにするのか・・・構想を練り始めます。
それを実際に形にして撮影するのが、この時期なのです。

日本料理 匠では、しばらくおせち料理をお休みしていた時もありましたが、数年前から復活させました。
昔と比べると、量もおさえ、凝縮した内容になりましたが、おせちに対する想い入れは変わりません。
新しい年の初めにお召し上がり頂くお料理ですので、本物の美味しい味をと思っています。
本物とは、素材選びが重要です。さらに使用する調味料、そして詰め合わせても変わらない味付け等、
すべては職人たちの腕にかかっています。

今年のおせちもいろいろなご馳走が詰め合わされた豪華なものになっています。
新しい年の初めには、本物の美味しい味を、大切な人と一緒に是非お召し上がりください。

時鮭・・・。

久しぶりのブログです。
梅雨の真っただ中、皆様いかがお過ごしでしょうか?
この時期の雨は、さまざまな作物が育つために必要な雨。
じめじめは、快適とは言えませんが、“ 梅雨 ” を楽しみたいものです。

さて、日本料理 匠 本店 の懐石料理の中から、逸品をご紹介。
今の「焼物」は、北海道産の「時鮭」です。
さっと塩をふり、丁寧に焼き上げていきます。
とても脂がのっているのですが、なんとも言えず上品なお味で、
口の中に広がる味わいは大変 “ 贅沢 ” な味です。

先日、新聞やニュースで報じられていましたが、ロシア上院は、
ロシアの排他的経済水域における流し網漁を来年から禁止する法案を可決した・・・と。
もちろん、日本の漁船も対象となるため、少なからず影響が出ることでしょう。

この「時鮭」もさらに希少なお魚になってしまうかもしれません。
自然の恵みと私たちが口にすることが出来るようになるまで関わって下さる方々に感謝しつつ、
いつまでも、贅沢な旬の味を楽しめるようであって欲しいものです。

匠の美

先日、新聞のコラムに目がとまった。

コラムのタイトルは、「匠の美」。

まず、タイトルにある 『匠』 の文字に魅かれ読んでみると、内容は「小豆の匂い」について書かれたもの。

奈良県にある和菓子店の菓子職人さんが登場するのだが、

材料への強いこだわりと、幼い頃から培った感性の話を聞いていたら、

日本料理の職人にも通じるものを感じ、なんだか嬉しかった。

『素材の味をどう生かすのか』

機会があったら是非いただいてみたいと思う。

そのお店はこちら→ 樫舎(かしや) 奈良市中院町22-3  0742-22-8899

鱧の季節がやって来ました。

シャッ、シャッ、シャッ、シャッ・・・。
鱧(はも)を骨切り際のこの音は、この季節の風物詩です。

日本料理 匠 本店 でも、鱧のお料理が始まりました。
「鱧」という名前は、鱧が持つ鋭い歯で「食(は)む」というところからきていると言われています。
本当に目はかわいい(?)のですが、大きくて鋭い歯を持っています。
また、全身にわたって細かい骨がありますので、鱧はおろしたあと丁寧に骨切りをして、調理します。

日本料理 匠 では、京都の魚屋さんから瀬戸内で捕れた鱧を仕入れ、お椀やお造りなどに使います。
特に瀬戸内の鱧は、全体的に良質で大変上品なお味です。

匠でのおすすめの一品は、やはり「鱧の巻きしゃぶ」です。
骨切りした鱧を一切れ分にきり、京野菜のみぶなを巻きます。
かんてきであつあつになったおだしの中にまずひとついれ、6,7秒。
ちりちりと鱧が白くなり火が通ったところで、梅肉とわさびの入っただし醤油をつけて頂きます。
5切れ程楽しんでいただいた後は、胡麻とうふと共に鱧のお味がいっぱいのおだしを味わって頂くのです。
美味しい冷酒と一緒に・・・もう、最高です!!

鱧は、美味しい時期が初夏~夏、夏の終わり~秋の初めと2回あります。
初めは、夏が近づいている味わい、二度目は、松茸が出始める頃。
今年も、是非、鱧の奥深~い味をお楽しみください。


クリスハートさんと言えば・・・。

先日もあるテレビ番組で甘い歌声をご披露されていらっしゃいました。

クリスハートさんと言えば・・・

大のカレー好き

は、有名ですよね。

4月15日に発売されました CD ” 続く道 ” をもう聴かれましたか?

この曲は、ゴスペラーズさんとコラボレーションされていますが、

実は、この曲が誕生するきっかけとなったのが、クリスさんとゴスペラーズの黒沢さんとの

カレー談議だったそうで、なんと『匠 特製さらさらカレー』も話題になっていたそうです!!

そう、まさに、

華麗(カレー)なるコラボレーション 

によって誕生した1曲なのです。

私も、このお二人(ゴスペラーズさんはグループですが)の歌声に酔いしれております・・・。

クリスさん、ゴスペラーズさん、ますますのご活躍心よりお祈りいたしております。

クリスハートwithゴスペラーズ ” 続く道 ”



大英博物館展

6月に入り、梅雨が近づいている気候の日々です。

今日は、名古屋も朝から雨。久しぶりの雨なので、草花、木々たちは、喜んでいることでしょう。

さて、私が今、最も訪れたい展覧会と言えば・・・それは、

大英博物館展~100のモノが語る世界の歴史

です。

現在は、東京都美術館で開催中ですが、来年1月までの日程で、福岡、神戸で開催予定です。

700万点とある大英博物館の収蔵品の中から、100点を選び、世界の歴史に思いを馳せる・・・。

面白い切り口だと思います。

実は私、かつてロンドンに立ち寄ったことがあるのですが、諸事情で大英博物館を訪れることが出来ず・・・。

そんなこともあり、今回、国内で開催中のこの大英博物館展に是非足を運びたいと思っているわけです。

もちろん、ロンドンの大英博物館は、いつか行ってみたい博物館のひとつですが。

来年1月までありますので、皆様も機会がありましたら、是非どうぞ。

天折~TENORI

爽やかな風ですね。
お知らせにもご案内しています、6月10日(水)限定販売<天折>の試作を先日行いました。
私も試食いたしましたが・・・

美味い!!

是非皆様に食べて頂きたいです。
実はこの天折、天ぷらにする食材は旬のものを使いますので、四季折々の天折を作ることが出来るのですが、

アスパラの天ぷら

をお召し上がり頂きたく、例年この時期に販売させていただきます。

海老、アスパラ、椎茸などを天ぷらにして、だしをしみ込ませ、ご飯の上にのせていくのですが、
お弁当ですので時間が経ってからお召し上がりになられます。
ですので、ある程度時間が経ってからでも美味しくお召し上がり頂けるよう、
ご飯のかたさ や だしのしみ込ませ具合 を考えて調理しています。

ただ今、日本料理 匠 三越店 にてご予約を承っております。
是非この機会にご賞味ください。

日本料理 匠 <天折> 1折 税込2,484円

ご予約は、日本料理 匠 三越店 まで  
TEL:052-252-1216

名古屋と八丁味噌

私がよく行くお店の中に、お味噌屋さんがあります。
地元愛知の味噌~八丁赤味噌をはじめとして、宮城や京都、信州など、
全国からいろいろな味噌が集められています。
そして、嬉しいことに、100gから販売しているので、
お気に入りを見つけるために試し買いをしたり、
また西京味噌や白みそのように、時々使うときにも便利で、
様々な楽しみ方が出来るようになっています。

今日は、お味噌を使った美味しい佃煮のご紹介です。

日本料理 匠 では、お味噌汁を作ることはほとんどありませんが、
調味料として加えたり、味噌漬けを作るためなど、やはり欠かせないものです。

匠 が作る 佃煮シリーズ <匠煮> のひとつに、
『鯛味噌そぼろ』
という商品があります。
天然真鯛のほぐし身を、八丁味噌などを加えた調味味噌で丁寧に炊き上げるのですが、
鯛ならではの上品な奥深い旨みと、八丁味噌が持つ独特のコクを味わえる大変美味しい佃煮です。

名古屋と言えば、八丁味噌は特産品ですので、この「鯛味噌そぼろ」も、
名古屋ならではの商品として、お土産や贈り物としてもお求め頂いております。

ちなみに、見た目も八丁味噌!!
温かいご飯と一緒に、またそのままおつまみとしてでも、絶品です。

日本料理 匠 <匠煮>
 鯛味噌そぼろ 1箱(80g入り) 税込 1,650円


小満

今日は、小満。二十四節気の第8。

陽気が良くなって、万物の成長する気が次第に長じて

天地に満ち始めることから「小満」と言われるそう。

今朝の名古屋は、風が少し肌寒く、でもとっても気持ち良くて、爽やか。

そんな中で、太陽の光、木々の緑、すべてがエネルギーに満ちている感じです。

いいですね。

豆ごはんカレー

八百屋さんやスーパーの店頭に並び始めたグリーンピース。
白いご飯の中に、色鮮やかな緑色が光る豆ごはんは、絶品ですよね。

この時期におすすめする、さらさらカレーの美味しい食べ方のひとつは、

”豆ごはんカレー”

いつもの白いご飯ではなく、豆ごはんにさらさらカレーを合わせて、
匠流 豆カレー の出来上がり。

実は私、幼い頃、豆ごはんがあまり好きではなかったのですが、
いつの頃からか、初夏、八百屋さんやスーパーでグリーンピースを
見かけると、目が合うのです。豆と。

豆ごはんカレーにする時は、塩は少なめがおすすめです。
是非、お試しください!!

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ