HOME > ブログ > 4ページ目

ブログ 4ページ目

朴葉寿司

今日は、日本料理 匠 三越店 で毎日販売しております「朴葉寿司」のご紹介です。

朴葉寿司は、約40年前 日本料理 匠(本店)が開店して間もない頃、
お店で作っていた一品です。
ちりめんと胡麻を混ぜ合わせたお寿司ご飯を丸め、その上に、
海老、穴子、鮭、椎茸、くるみ・・・など海の幸山の幸をのせて朴葉で包んだお寿司です。
そのままお召し上がり頂くよう販売しておりますが、今のような寒い時期には、
朴葉寿司をまるごとラップで包み、電子レンジで軽く温めると蒸し寿司としてお召し上がり頂けます。
朴葉の香りと素材一つひとつの味をお楽しみください。
そしてこの朴葉寿司、お召し上がり頂いた後、朴葉は再び自然にかえる素材で環境にも優しいのです。
40年前に作り始めた朴葉寿司ですが、今も、これからも大切にしたいと思います。

出来ました!

冷たい風が身にしみる頃となりました。本格的な冬がやって来ましたね。

お待たせいたしました。
今年の自家製「からすみ」が出来上がりました。
毎年秋の終わりに仕込みを始めるのですが、今年はぼらのこが希少で入荷がなく、
例年より遅くなりましたが、やっと出来上がりました。
日本料理 匠 の「からすみ」は、厳選したぼらのこを添加物を一切使わず
独自の方法でうす塩で仕上げています。
優しい味わいの「からすみ」を是非この機会にご賞味ください。

寒い朝には・・・。

師走を迎え、今日の名古屋はしっとりとした雨模様の朝でした。

寒い朝には、さらさらカレーのスープはいかがでしょうか。
さらさらカレーを豆乳やトマトジュースでのばして温めれば出来上がり。
お好みでとろけるチーズをトッピングしても美味しいです。
パンにもよく合いますし、少量のごはんを加えてリゾット風にしても。
そうすのようなさらさらカレーですので、どのような形にもアレンジ出来ます。
寒い朝、時間をかけられない朝、元気が欲しい朝・・・。
たっぷりの玉ねぎと野菜が溶け込んださらさらカレーで、
朝から元気になりますよ。


お歳暮

早いものでまもなく12月になります。
お歳暮の準備はお済でしょうか。
お世話になった方への感謝の気持ち、ご友人やご親戚への季節のご挨拶・・・
相手のことを思い物に込めて贈る、日本ならではの素敵な慣わしです。

日本料理 匠 では、お歳暮にもお使いいただける、匠特製さらさらカレーの
ギフトセットを各種ご用意しております。
贈る方の気持ち、そして受け取られる方の気持ち、を想いながら
心を込めてご用意いたします。
お互い忙しい日々だからこそ、ちょっとした心遣いを贈り物に込めて。
心温まる年の瀬になりますように。

小雪。

今日は「小雪」。
二十四節気の一つで、日差しが弱くなり紅葉が散り、雪が降り始める頃。
冬の備えを整えておくころ。

冬が近づいてきたようです。
冬のコートを用意したり、お歳暮や年賀状の準備・・・。
あと1週間も過ぎれば師走です。
だんだんと気忙しくなる頃ですが、暖かくして過ぎ行く秋を楽しみたいものです。

秋の深まり。

ライトアップされた紅葉を見に行ってきました。
念のため防寒対策をしていきましたが、思いのほか暖かく、
秋の深まりを感じながら、美しい紅葉を楽しむことが出来ました。

さて、日本料理 匠 では、11月28日限定にて
『秋の深まり 天折』を販売いたします。
「天折」とは、季節の素材を天ぷらにして、
味付けしたご飯の上に詰合せた人気のお弁当です。
丼つゆにくぐらせた衣がしっとりとご飯に馴染んでいくので、
冷めても美味しくお召し上がり頂けます。
今回は、大海老、アオリイカ、ほたて、シャキシャキれんこん、椎茸などを
使います。お酒と一緒にお召し上がり頂いてもまた美味です。
秋の深まりを感じながら、今年最後の「天折」をお楽しみください。



祝、七五三。

少し空気が冷たくなってまいりましたが、名古屋はとてもいいお天気、
秋晴れです。
今日は七五三。
日本料理 匠 では、お子様の成長をお祈りして、
ちらし寿司<祝・七五三ちらし>を販売させていただきました。

七五三詣りは休日に済ませたり、お写真は前撮りしたり・・・と、
以前と比べてお父さん、お母さんはお忙しくなっていらっしゃるのかなぁ。
日本にはお節句をはじめてとして、折にふれ子どもたちの成長を願う行事があり、
どれも大切にしていきたいなぁと感じています。
時代の流れとともにスタイルは変化していくこともあるかと思いますが、
受け継がれてきた「想い」を大切に、また次の世代へ繋げていけたらと願うばかりです。

ぴかぴか。

今年の新米、もうお召し上がりになったでしょうか。
最近は全国各地のブランド米や農家の方がこだわって栽培されたお米を
手軽に買えるようになりました。
ご飯が炊き上がった時の、香り、湯気とともにぴかぴかとしたつやのある
ご飯を見た瞬間は至福のひとときであります。
あ~日本人でよかった~と。
新米は特にそこからお茶碗につけて口に入れるまでがまた楽しみであります。

匠特製さらさらカレーは、ご存知のとおりルゥがそうすのようになっていますので、
ご飯一粒一粒の間にもすぅ~と入っていきます。
是非この時期は、お気に入りの新米を炊いてさらさらカレーをお召し上がりください。
いつもよりちょっとお米に注目してお召し上がりいただくと、
また奥深い味わいに出会えると思います。
今年はいろいろな地方のお米を炊いて味わってみたいと思っています。

慶祝。

今日は「祝賀御列の儀」が行われます。
秋らしい晴れのお天気。名古屋から謹んでお慶び申し上げます。

あと50日ほどで新しい年を迎えます。
令和二年元旦。令和としては初めてのお正月になります。
只今、日本料理 匠ではおせち料理のご予約を承っております。
今年は早くから沢山のご注文を頂き、身が引き締まる思いです。
お客様のご期待に添えるよう、またご期待を上回るようなおせちを
お届け出来るよう少しづつ準備を始めています。
名古屋三越でもご注文を承っておりますのでカタログ等ご覧ください。

立冬

ご無沙汰しております。
今日は二十四節気のひとつ「立冬」。冬の始まりです。
今年はいつまでも気温が高く、暦の上では冬ですと言われても、
まだまだ秋を楽しんでいたい・・・そんな気持ちもあるのではないでしょうか。
先日、越前かに漁も解禁となり、
いよいよ冬の味覚も楽しめる頃となってまいりました。
冬の訪れを感じつつ、ゆっくりとゆく秋を味わっていたいと思います。

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ