HOME > ブログ > 朴葉寿司、寒い時には・・・。

ブログ

< 12年に一度の晴れ舞台。  |  一覧へ戻る  |  あけましておめでとうございます。 >

朴葉寿司、寒い時には・・・。

暖かい年始でしたが、ここ数日は、真冬らしい寒さが続いております。

今日は、日本料理 匠 三越店 の定番商品の中から、
 「 朴葉寿司 」
をご紹介させていただきます。

胡麻をまぶした寿司飯の上に、海老、穴子、鮭などの海の幸と
椎茸、くるみ、かんぴょうなど山の幸をのせ、大きな朴葉で包んだお寿司です。
こちらの朴葉寿司、実は、日本料理 匠が創業した当初作っていたもので、
15年前、三越店を開店した際に、復活させた商品です。

朴葉寿司と言えば、飛騨地方の名産品としても有名ですが、
日本料理 匠 の朴葉寿司は、創業者である主人の故郷、新潟県長岡にも朴の木が沢山あり、
それを使って、匠らしい朴葉寿司を考案したのが始まりです。

いろいろな味を楽しめる人気の朴葉寿司ですが、寒い時期はご飯もかたくなりやすいので、
そんな時は温めて蒸し寿司にするのがおすすめです。
朴葉に包まれたお寿司をラップで包み、電子レンジでチン。
香り豊かな蒸し寿司として、また違った味わいをお楽しみ頂けます。
是非、お試しください。

< 12年に一度の晴れ舞台。  |  一覧へ戻る  |  あけましておめでとうございます。 >

このページのトップへ