HOME > ブログ > つれづれ > 立冬

ブログ

< 解禁!  |  一覧へ戻る  |  解禁!つぎは・・・。 >

立冬

今日は立冬。「初めて冬の気配が現れてくる日」とか。

紅葉はまだこれからですし、私個人としてはまだまだ「秋」に留まっていたい・・・ですが。
おせち、お歳暮・・・と年の瀬に向けての準備が現実味を帯びてまいりました。
今年をいい年として締めくくれるよう、大晦日までスタッフ一同全力で頑張りたいと思います!

カテゴリ:

< 解禁!  |  一覧へ戻る  |  解禁!つぎは・・・。 >

同じカテゴリの記事

解禁!つぎは・・・。

明日は、ボージョレ・ヌーボーの解禁日ですね。
やはり、「新酒の味」をひとくち頂きたくなります。明日が楽しみです!

ワインと言えば、先日、日本料理 匠 本店にて、エノテカさん、ジェイアール名古屋タカシマヤさんとで、
スペインの「トーレスワイン」を味わう会を開催させて頂きました。トーレスワイン6種と匠の料理をお楽しみ頂きましたが、
皆様ワインに、料理に、お話に・・・と素敵なひとときをお過ごしでした。

日本料理、特に懐石料理とワイン・・・
以前はやはり懐石料理には日本酒が多かったと思いますが、
その時の気分で、いろいろな楽しみ方があっていいなぁと感じています。
匠本店のワインセレクションに、スペインワインはありませんが、私も今回のイベントで、
トーレスワインを購入しましたので、是非味わってみたいと思っています。




季節の変わり目

このところ秋晴れが続き、気持ちの良いお天気ですね。

ですが、昨日は風が強かったためか肌寒く、晩秋の一日でした。
ぞくっ・・・。
そう、気温の差が激しいので、風邪をひきやすい季節でもあります。
皆様もお気を付けください。

ちょっと食欲がない時、体を温めたいとき、などにおすすめなのが、
匠のさらさらカレー。
そうす状になっていますので、食べる量を調節しやすいですし、
お好みのもので少し薄めてスープとしても。
お湯、豆乳、トマトジュース・・・。
スパイスだけではなく、お野菜がたくさん溶け込んでいますので、
体にも優しいカレーです。

今日は月曜日。
今週も元気に過ごせますように。



秋晴れ

この週末、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいましたでしょうか?

運動会や文化祭、動物園や公園で、また名古屋の中心部ではなごやまつりが行われ、
小さいお子さんからご年配の方々まで、沢山の笑顔を見ることが出来ました。
本当にお天気も良く、一層盛り上がっていたように感じます。

日中は暑くても、日が沈むと気温が下がり、夜にはぐっと冷えてきます。
この気温差がまもなくの紅葉を美しくすると思うと、季節の移り変わりが楽しみになります。

今週末、日本料理 匠 本店 では、第10回 匠の夕べ を開催いたします。
美味しいお酒と共に、秋の素材を味わいながら、美味しいひとときを過ごして頂きたいと思っています。
まだ若干お席に余裕がございます。ご予約、お問い合わせお待ちしております。


準備は始まっています・・・。

お盆ですね。いかがお過ごしでしょうか?

先日、大晦日に販売いたします “ おせち料理 ” の撮影を行いました。
ある百貨店のカタログに掲載するためですが、まだ8月中旬なのに、もう?という感じですよね。
撮影は、最終の日程で調整していただきましたが、実際は7月に入ったころから各所で準備が始まっています。
日本料理 匠もここ数年、毎年おせち料理を作っていますので、大晦日に完成、販売後、新しい年を迎えて試食、
それが終わると、すべての結果をふまえて、今年の(次の)おせちはどんなふうにするのか・・・構想を練り始めます。
それを実際に形にして撮影するのが、この時期なのです。

日本料理 匠では、しばらくおせち料理をお休みしていた時もありましたが、数年前から復活させました。
昔と比べると、量もおさえ、凝縮した内容になりましたが、おせちに対する想い入れは変わりません。
新しい年の初めにお召し上がり頂くお料理ですので、本物の美味しい味をと思っています。
本物とは、素材選びが重要です。さらに使用する調味料、そして詰め合わせても変わらない味付け等、
すべては職人たちの腕にかかっています。

今年のおせちもいろいろなご馳走が詰め合わされた豪華なものになっています。
新しい年の初めには、本物の美味しい味を、大切な人と一緒に是非お召し上がりください。

時鮭・・・。

久しぶりのブログです。
梅雨の真っただ中、皆様いかがお過ごしでしょうか?
この時期の雨は、さまざまな作物が育つために必要な雨。
じめじめは、快適とは言えませんが、“ 梅雨 ” を楽しみたいものです。

さて、日本料理 匠 本店 の懐石料理の中から、逸品をご紹介。
今の「焼物」は、北海道産の「時鮭」です。
さっと塩をふり、丁寧に焼き上げていきます。
とても脂がのっているのですが、なんとも言えず上品なお味で、
口の中に広がる味わいは大変 “ 贅沢 ” な味です。

先日、新聞やニュースで報じられていましたが、ロシア上院は、
ロシアの排他的経済水域における流し網漁を来年から禁止する法案を可決した・・・と。
もちろん、日本の漁船も対象となるため、少なからず影響が出ることでしょう。

この「時鮭」もさらに希少なお魚になってしまうかもしれません。
自然の恵みと私たちが口にすることが出来るようになるまで関わって下さる方々に感謝しつつ、
いつまでも、贅沢な旬の味を楽しめるようであって欲しいものです。

このページのトップへ