HOME > ブログ > アーカイブ > つれづれ

ブログ つれづれ

19年。

3月に入り、季節は春ですね。
依然として厳しい環境が続いています。
収束に向かい私たちの日常が戻るよう祈るばかりです。

19年前の今日、日本料理 匠 三越店 が開店いたしました。
今日までこうしてお店を続けてくることが出来ましたのは、
多くのお客様のご支持によるものと心より感謝申し上げます。
また、スタッフも一人ひとりこれまで、何度もお客様に助けられ、
ここまで続けてくることが出来ました。

百貨店の中のお店というのは、当たり前のことですが、
開店している限りお客様がゼロという日はありません。
どんなに天気が悪くても必ず足を運んでくださるお客様がいらっしゃいます。
また今日から、今日一日を大切に、明日につながる一日に、そして、
それが20年、またその先へつながるように、努力してまいります。
これからも 日本料理 匠 三越店 を何卒よろしくお願い申し上げます。


祈り。

梅の花も咲き始め、2月の下旬とはいえ暖かく穏やかな日になりました。
今日は天皇誕生日の振替休日。三連休も終わりです。

コロナウイルス感染拡大の影響が様々なところに出ていて、
いろいろと神経質になってしまいます。
今も感染が広がっていますが、各所で懸命にこのウイルスと
戦っている方が沢山いらっしゃいます。
一日も早く収束に向かって欲しいと祈るばかりです。

今年は桜の開花が例年よりかなり早くなる予想が出ています。
春はもう間もなくです。
春を楽しめる日が早く来ますように・・・。

バレンタインデー

2月14日、今日はバレンタインデー。
ひと昔前は本命はもちろん、義理チョコを配る・・・。
最近は自分で買って自分で楽しむ(味わう)・・・。
いつの時代も一大イベントですね。

チョコレートではなく、お花を贈ろう・・・というのもあるようですが、
今日は同姓、異性にかかわらず、ちょっとした温かいきもち、
感謝の気持ちを伝えたいそんな日にしたいですね。
私も離れて暮らす「あの人」にメッセージだけでも送ろうとおもいます。
もちろん、自分用のとっておきチョコレートも食べますよ。

皆様にとって心温まる一日でありますように。

寒。

今日名古屋はおそらくこの冬で最も冷え込んでいます。
冷たい風が体にこたえます。
これこれ、これが真冬の寒さ。
手足も冷たく、寒いのですが、でも、この厳しい寒さにどこか喜んで、少し安心しています。

実はこのところの気象の変化で、日本料理に使う食材の仕入れにも変化が出始めています。
今まで旬とされていた時期がずれたり、また今までは獲れなかった季節や場所でとれたり・・・。
特に農産物よりも水産物で顕著な変化を感じます。
一概に温暖化が原因とは言えないようですが、
自然の恵みをこれからも頂くためには今、変化し始めている環境の中に
生きていることを自覚しながら、後世にも自然の恵みを残していけるようなことを
考えていかなくてはいけないと感じています。

気温の差が激しい日々です。
体調に気をつけてお過ごしください。


立春。

今日は立春。
この冬は暖冬ですが、それでも「立春」と聞くと春の訪れを感じ嬉しくなります。

風邪やインフルエンザ予防に加え、このところのニュースで、
出かけるときにはマスク、マスク・・・という時期ではありますが、
お天気のいい日は外の空気を吸って「春」の訪れを感じてみたいものです。
冷たい空気の中にもなんとなく「春」を感じられるそんな頃であります。

日本料理の食材は、先取りしてお料理に使うこともありますが、
店先にも春の食材が並ぶようになってきています。
暦の上では今日から「春」。
ちょっと意識して「自分なりの春」取り入れてみたいと思います。

がんばれ!

まもなく大寒。厳しい寒さを感じる頃であります。
名古屋でも雪が降ることの多い頃ですが、今年はまだ降雪はありません。

今日明日はセンター試験。
テレビのニュースなどで緊張した面持ちの受験生を見て、
心の中で「がんばれ!」と応援していました。
受験生にとってはこれからが本番だと思いますが、
暦の上では、二十四節気の大寒の最後の日は節分。
日本料理 匠 本店 のお料理もお正月の雰囲気から、
冬の味覚の中に春を感じる食材も入ってまいりました。
春はもうすぐそこまで来ています。

体調に気をつけて、頑張れ受験生!!

新春。

新年あけましておめでとうございます。
新しい年、令和2年が始まりました。
皆様にとって良き一年となりますように。

夏にはオリンピックが開催されます。
激動の一年になるかもしれませんが、心を落ち着けて、
お客様に喜んでいただけるような料理、また時間を作り出せるよう、
精一杯努めてまいります。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

冬至を過ぎたら・・・。

冬至を過ぎると、寒さは一段と増してきますが、
少しずつ日が長くなるので、なんだか明るい気分になります。
そして今日は、名古屋は朝から暖かい日差しに恵まれています。
年末の慌ただしい時、お天気の良い空を見上げて一呼吸おくのも
よいかもしれません。

日本料理 匠 本店 では、おせち料理のための食材が
毎日運び込まれ始めました。これらの状態を見ながら、
それぞれの工程へと進めていきます。
通常営業は本日が最終日です。
こちらも最後のお客様をお見送りするまで、心を込めて努めてまいります。

いよいよ・・・。

12月も半ばを過ぎ今年も残りわずかとなってまいりました。
日本料理 匠 本店の営業も年内はあと5日となりました。
今年は元号が平成から令和になり、10月からは消費税が増税され、
いろいろある中で、本当に多くのお客様にご来店頂き、
心より感謝申し上げます。

12月24日からは、おせち料理の仕込みに入るため、
本店の営業は休業させていただきます。
すでに少しづつおせち料理の準備が始まっておりますが、
本店が休業になってからは、また独特の緊張感に包まれます。
おせち料理は新しい年の初めにお召し上がりいただくお料理。
一つひとつ心を込めて丁寧に仕上げてまいります。
そのためクリスマス前より休業させていただくことになりますが、
何卒よろしくお願い申し上げます。

年内、まだお席に余裕がある日もございます。
是非ご予約をお待ち申し上げております。

朴葉寿司

今日は、日本料理 匠 三越店 で毎日販売しております「朴葉寿司」のご紹介です。

朴葉寿司は、約40年前 日本料理 匠(本店)が開店して間もない頃、
お店で作っていた一品です。
ちりめんと胡麻を混ぜ合わせたお寿司ご飯を丸め、その上に、
海老、穴子、鮭、椎茸、くるみ・・・など海の幸山の幸をのせて朴葉で包んだお寿司です。
そのままお召し上がり頂くよう販売しておりますが、今のような寒い時期には、
朴葉寿司をまるごとラップで包み、電子レンジで軽く温めると蒸し寿司としてお召し上がり頂けます。
朴葉の香りと素材一つひとつの味をお楽しみください。
そしてこの朴葉寿司、お召し上がり頂いた後、朴葉は再び自然にかえる素材で環境にも優しいのです。
40年前に作り始めた朴葉寿司ですが、今も、これからも大切にしたいと思います。

123456

« イベント | メインページ | アーカイブ | 旬の味 »

このページのトップへ