HOME > ブログ > アーカイブ > 2020年6月

ブログ 2020年6月

7月1日より。

今日、名古屋はいいお天気で気持ちのよい朝を迎えました。
梅雨の晴れ間、爽やかな風も吹いています。
早いもので間もなく6月も終わりです。2020年、ちょうど半分です。

さて、来月7月1日より三越・伊勢丹グループ全店レジ袋有料化導入に伴い、
日本料理 匠 三越店においてもビニール製の手提げ袋をご要望の際は有料とさせて頂くことになりました。
プラスチックごみ削減に向けての取り組みの一つとして進めてまいります。
実は私自身、今までデパート(百貨店)に行くときに「エコバッグ」を持参する習慣がなかったので、
これを機に行動、意識を変えていこうと改めて思っているところです。

今、エコバッグもオシャレなデザインのものも多くあり、素敵なエコバッグを見つける楽しみも増えました。
お買い物へお出かけの際は、是非お気に入りのエコバッグをご持参ください!

夏の贈り物

梅雨らしいお天気、作物にとっては大切な雨です。
新型コロナウイルス感染予防をしながらの日常が続いておりますが、
今日から県境をまたぐ移動が全国で解除となるなど、
また一つ前に進んでいくのが嬉しい限りです。

さて、日本料理 匠 では、今年も夏の贈り物にご利用頂けるよう
さらさらカレーをお届けする準備が整いました。
今年は今までのように会えないという時間を経験いたしました。
私たちもお客様の想いを想像しながら、心を込めてご用意させて頂きます。

お野菜をたっぷり使った体に優しいさらさらカレー。
奥深い味わいと心地よいスパイスがたまらないさらさらカレー。
大切なあの人へ。
この夏の贈り物に是非どうぞ。


梅雨入り間近。

紫陽花の花が目を楽しませてくれています。
特に最近は種類も様々色とりどりで、曇りや雨模様にも似合う紫陽花はこの季節ならではの光景です。

さて、6月も中旬を迎え、日本料理 匠 本店のお料理も夏らしくなりました。
八寸には、涼しげなかごやガラスの器を使い、焼き物には笹の絵柄。
食材も、おこぜやアコウ、稚鮎など日によって入荷するものは変わりますが、
どれもこの時期ならではの美味であります。
おこぜはちり酢でお召し上がり頂くお造りやたれをつけて焼くつけ焼きに。
稚鮎は琵琶湖産で体長は10cmほど、塩焼きにしてたで酢と共にお召し上がり頂いています。
この時期といえば、じゅんさいも大変美味であります。
細かくて透明感のあるじゅんさいは、見た目も涼しく旬の食材です。

新しいウイルスと付き合いながらの日々が続いています。
たまには旬の味覚を楽しみに是非おでかけください。

1

« 2020年5月 | メインページ | アーカイブ | 2020年7月 »

このページのトップへ