HOME > ブログ > アーカイブ > 2020年1月

ブログ 2020年1月

さらさらカレーの美味しい食べ方

暖冬とは言え、きゅんと冷える夜もありますので、
油断しないで暖かくしてお過ごしください。

匠のさらさらカレーは「生」のカレーですが、保存されているときは、
冷えて固まっています。冷蔵庫できゅんと冷えている状態です。
美味しくお召し上がり頂くためには、ルゥをお鍋に移し替えて頂き、
沸騰するまでしっかり温めてください。
お鍋を火にかけてしばらくすると、ルゥの温度が上がってきて、
ぷつぷつと泡が出てきますが(沸騰状態)、
かき混ぜながらそのまましばらく温めてください。
「こんなに沸騰させていいのかなぁ」と思うくらいです。
そうすると、きゅんと冷えていたルゥの目覚めてきて、とっても美味しくなるのです!
実はこの温度がポイントで、温め方が短いとルゥが目覚めてくれないのです。

「お鍋に移し替えて温める」の手間を加えて、
是非美味しいさらさらカレーをお召し上がりください!




がんばれ!

まもなく大寒。厳しい寒さを感じる頃であります。
名古屋でも雪が降ることの多い頃ですが、今年はまだ降雪はありません。

今日明日はセンター試験。
テレビのニュースなどで緊張した面持ちの受験生を見て、
心の中で「がんばれ!」と応援していました。
受験生にとってはこれからが本番だと思いますが、
暦の上では、二十四節気の大寒の最後の日は節分。
日本料理 匠 本店 のお料理もお正月の雰囲気から、
冬の味覚の中に春を感じる食材も入ってまいりました。
春はもうすぐそこまで来ています。

体調に気をつけて、頑張れ受験生!!

恵方巻

どんよりした冬空につつまれた三連休の中日になりました。
明日は成人の日、成人の門出をお祝いする晴れやかな日になりますように。

いろいろなお店で「恵方巻」の案内を見かけるようになりました。
日本料理 匠 も令和になって初めての<招福 恵方巻>販売いたします。
焼きうなぎ、海老甘酢レモン煮をはじめ、玉子は厚焼玉子と薄焼玉子、
干瓢煮、きくらげ煮、ちりめん佃煮、鯛でんぶにとびこ、きゅうり、
と10種類の具材を入れ巻き上げます。
海の幸山の幸を味わえる、日本料理 匠ならではの太巻寿司です。
皆様の今年一年の福を願い、心を込めてご用意いたします。

日本料理 匠  招福 恵方巻  1本 税込2,700円


新春。

新年あけましておめでとうございます。
新しい年、令和2年が始まりました。
皆様にとって良き一年となりますように。

夏にはオリンピックが開催されます。
激動の一年になるかもしれませんが、心を落ち着けて、
お客様に喜んでいただけるような料理、また時間を作り出せるよう、
精一杯努めてまいります。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

1

« 2019年12月 | メインページ | アーカイブ | 2020年2月 »

このページのトップへ